リバレーション・ライフ

手取り17万のアラサー男子()が読書と株とバイオリンしながらセミリタイア目指しています。

大人になってから無謀にもバイオリンを習おうと思った話①

time 2016/09/13

大人になってから無謀にもバイオリンを習おうと思った話①

カートラッセルが脇役で出てきた場合の
カートラッセルの扱いがひどいんだ。

リバライフへようこそ。

バイオリンを始めるきっかけ

私は大人ですが、バイオリンを2015年5月から習い始めました。
2016年9月13日時点で1年4ヵ月続けていることになります。

なぜバイオリンをやろうと思ったかというと
・SHERLOCK(ドラマ)
・四月は君の嘘(アニメ)
この2つの作品を見て影響を受けてしまったからです。
まぁ、何と単純♪

自分がこれから修羅の道を歩むことも知らず、
当時のんきにこんなこともつぶやいてました。

※月8回→月4回 の間違いです。

大手バイオリン教室の体験レッスンへ

先生がおっさんだったら嫌なので(密室でおっさん二人の熱々レッスンという絵を想像してみてください)、
ホームページを見て女性の先生がいる大手教室を選びました。

仲良くなっていずれ先生に個人レッスンをしてもらおうなんて淡い気持ちは持っていませんでした。
持っていませんでした。うん、決して。1㎚も。

実は先生選びをこの時点で間違えていたのですが、当時の私は若かったのです。
(先生選びのポイントについては後日書きます)

ホームページから30分の体験レッスンを申し込みました。

いざ、体験レッスン

先生はホームページの写真より綺麗な方でした。

バイオリンを触るのはその日が初めてです。
体験レッスン用のバイオリン(30万ぐらい)を使って、
楽器の持ち方を軽く教えてもらい、いざ音を出してみます。

・・・

・・・

あ、すみません、最初どんな音が出たのか覚えてません。

たぶん「グゥィーーーーーンギギッ」というおぞましい音だったと思います。

②につづく

 

 

down

コメントする




お部屋晒し

ブログ

人生

家電レビュー

株式投資

読書レビュー

プロフィール

オメガ

無駄な日記いつまで続けるんだ系ブログ。 [詳細]